小児のアレルギー検査

ホーム  »  小児のアレルギー検査

最新のアレルギー検査

検査を希望される方は、受付にてお声掛けください。

**一日に可能な検査数に限度があります**
当院は検査機器(ドロップスクリーン)を2台導入していますが、1回の検査に30~40分かかるため、検査機器が2台とも使用中の場合、検査ができないことがあります。
特に午後は、検査希望者が多く、確実に検査をご希望の方は、
WEB にて「小児アレルギー検査予約」をお願いいたします

また来院時受付に、アレルギー検査予約の旨お伝え下さい。



ドロップスクリーン特異的IgE測定キットST-1

指先から約1滴分の血液を採取


 小学生~大人の方に通常行う採血検査(RAST検査)のほかに、指先から約1滴分の血液を採取して行うアレルギー検査です。あまり痛くないため腕からの採血を嫌がる小さなお子様(1歳も可能)も簡単に検査できます。30分~1時間で検査結果がでるので、当日結果を見ながら治療方針を相談し早期に治療(内服、点鼻、舌下免疫療法など)を開始することもできます。

アレルギーは、花粉症に代表される鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状だけでなく、喘息などの呼吸器系疾患、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患へ連鎖するように広がる可能性があります。慢性的な鼻炎や花粉症の症状が続いているが、検査をしたことが無く、何が原因かわからない場合は、子供のうちに検査をおすすめします。また湿疹や蕁麻疹などアトピー性皮膚炎様の症状を伴うお子様や食物アレルギーが不安な場合なども検査をおすすめします。
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。


    【測定できるアレルゲン】

吸入系その他19項目と食物系22項目の合計41項目を同時に調べられます。

ドロップスクリーン特異的IgE測定キットST-1 測定項目

*結果が出ましたら、このような報告書をお渡しいたします*

食物におけるアレルギー検査結果の注意点

食物アレルギーとは食品(アレルゲン)を食べて体にアレルギー症状がでることを言いますが、食べて何も症状が出ない方でも検査で陽性と判定される方が多数いらしゃいます。

 従って食物の検査結果に関しては、結果が陽性であったとしても、必ずしも食物アレルギーと診断されるわけではありません。一方、検査が陰性でも、「これを食べてこの症状が出た」という関連性がはっきりしているのであれば食物アレルギーと診断されます。そのため食物におけるアレルギー検査結果はあくまでも補助的なものとなります。

 問診(アレルギー症状が出た時の状況など)や血液検査から疑わしい食品がある場合は、正確な診断を行うために、経口負荷試験が可能な専門の医療施設に紹介いたします。
ページの先頭へ